NEWS&TOPICS

2019/01/11
【教養センター便り】99期 ナス・クリスマスホースショー2018

12月23日に僕たち99期は、那須トレーニングファームで開催された「ナス・クリスマスホースショー」という競技会に参加してきました。

参加した競技は、減点が少なくタイムの早い人馬の勝ちというルールだったので、先生とタイムロスが無いところを探りながら、競技前の下見を行いました。

北島 希望(きたじま のぞみ) カツラプリンス号

普段の訓練から意識した事を本番ではあまり意識出来ず思い通りに乗れませんでした。これからは、意識しなくても当たり前に出来るようにしていきたいです。

田中 洸多(たなか こうた) フユミチャン号

とても緊張しましたが、馬の力を借りて何とか走行することができました。しかし、結果は良いものではなかったので、もっと本番で力を出せる精神力、技術ともに鍛えていきたいです。

古岡 勇樹(ふるおか ゆうき) アルファウイング号

優勝を狙いにいきましたが、バーを1本落下させてしまったので悔しかったです。今後はJRA競馬学校との対抗戦があるので、減点のないように頑張ります。

細川 智史(ほそかわ さとし) カツラプリンス号

初めての競技会に参加し、とても緊張しました。先に騎乗した同期が経路を周っている所を見て、注意する場所を頭の中で整理して挑みました。もっと自分を成長させるために、これからも頑張ります。

飛田 愛斗(ひだ まなと) ブロンドペタル号

今回はノーミスで走行できました。しかし、まだまだ課題がたくさんあるので、これからも頑張ります。

篠谷 葵(しのや あおい) フユミチャン号

久しぶりの大会で緊張しました。練習通りのイメージで騎乗しましたが、小さいミスが目立ちました。次のJRA競馬学校との対抗戦では、ミスの無い走行をしたいです。

深澤 杏花(ふかざわ きょうか) ブロンドペタル号

今回は馬の走りやすいペースで走れなかったのですが、馬に助けてもらい、*1)クリアラウンドで走行することができました。もっと馬の走りやすさを考えながら走行できるようにします。
*1)クリアラウンド…減点が無く、満点でゴールすること。

池谷 匠翔(いけたに たくと) アルファウイング号

今回は、馬をしっかり引きつけて良いペースで周ることを意識しました。少しペースが遅く、途中ショートカットなどができなかったので、次は修正したいです。

魚住 謙心(うおずみ けんしん) カツラプリンス号

初めての競技会で不安や緊張が多くありましたが、クリアラウンドすることが出来ました。今回の大会で学んだ事を次のJRA競馬学校との対抗戦に活かしていきたいと思います。

全員が無事にゴールを切ることが出来ました!訓練馬たち、そして指導くださった先生方に感謝です。

課題が残った人もいましたが、次のJRA競馬学校との対抗戦に向けて、日々の訓練に励んでいきたいと思います。

担当は99期 古岡と深澤でした
ありがとうございました!

教養センター便り 一覧はこちら


← トピックス一覧へ
[7] JRAネット投票サイトへ
[0] サイトTOPへ

copyright 2012-NAR